Teddy's Household

最愛エアデール「テディ」(RIP) がくれた犬猫万歳生活。 テディの愛猫ズ「トビー&ゾーイ」と ケリーブルーテリアズ「ルーイ&さくら」と暮らす雑多な日々。Fukuoka → Michigan → Washington DC → New York → Tokyo → London
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 犬連れ北フランスの旅(5月編)Le Manche | main | 犬連れ北フランスの旅(5月編)Mt. St. Michel >>
# 犬連れ北フランスの旅(5月編)Beaches
目覚めれば、そこは田園地帯


フランスのドがつく田舎に一週間滞在中にした事と言えば、ローカルな四つ足住民との交流とビーチ通いくらい。 朝の散歩の後は、地図を広げて適当に違うビーチを目指していざ出発、の毎日。

St. Malo

Granvilleの近く

St. Vaast-la-HougueにあるTatihouを臨むどこか



Pirou

Lingreville

ノルマンディーでは二輪馬車レースが人気なのか、あちこちの浜辺で(多分)練習する姿がよく見られました。

さっちゃん、追いかけちゃダメだからね!


Kairon-Plage


干潮時のビーチで遊ぶのは楽しいけれど、こういう問題も起こります。 ケリーズの毛はプードルのように柔らかいので泥はこびりついたまま乾き、帰宅後せっせと洗わねばなりません。 楽しい時間の為ならエンヤコラ。


訪れた中でも一番印象的だったのは、ここ Genêtsのビーチ↓。 モンサンミッシェルを臨む好位置にあるため駐車場は有料ですが、「これぞノルマンディー」という景色は一訪の価値アリです。


モンサンミッシェルに干潟を歩いて渡るツアーの出発地点でもあります。

弾けるケリーズ






オフシーズンだったこともあり、どのビーチに行っても犬禁止とは書かれておらず、存分に浜遊びを堪能出来たのがとても嬉しかったです。 ビーチと言えば犬禁止な国が多い中、Vive la France! 



| comments(2) | trackbacks(0) | 02:04 | category: 遠出 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:04 | category: - |
コメント
うーん、どれも素敵な画像。
旅先での後始末はタイヘンそうだけど、
笑顔のためなら頑張れちゃうよね。
好奇心モリモリなケリーず、すんごく楽しそうだわ。
色んな経験できて大満足だっただろうね!
はちさん、オツカレさまでした♪
| まき | 2012/09/24 10:00 AM |

☆まきさん☆
なにせ他所様のお宅だし、いくら借りてるとは言ってもお風呂にバンバン入れるわけにはいかないし、ペットボトルを何本も外に置いてジャブジャブの繰り返し。そんなに寒い季節じゃなくて良かったヨ。それでもやっぱり浜遊びは止められない♪
| はちがとぶ | 2012/09/24 4:29 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teddylouie.jugem.jp/trackback/800
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Tumblrで写真やってます!
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Instagramもやってます
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Twitter
Search this site
Sponsored Links