Teddy's Household

最愛エアデール「テディ」(RIP) がくれた犬猫万歳生活。 テディの愛猫ズ「トビー&ゾーイ」と ケリーブルーテリアズ「ルーイ&さくら」と暮らす雑多な日々。Fukuoka → Michigan → Washington DC → New York → Tokyo → London
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< London 2012 | main | 犬連れ北フランスの旅(5月編)Le Manche >>
# 犬連れ北フランスの旅(5月編)初日
5月と8月に北フランスに犬連れ旅行してきました。 まずは5月分から。


イギリスに住んでいると、フランスとイギリスを犬連れで往復している人々によく出会います。そんな話をちょくちょく耳にしていたせいか、ずっと心の中でやってみたいと思っていたのでしょう。 イギリスの暗くジメジメした灰色の冬が終わった途端、突然「犬連れでフランスに行こう!」と思い立ちました。

幸いケリーズのEUパスポートは取得済み。 にゃんズを猫キャンプに入れてしまえば、後の心配はほとんどありません。(え、ダンナ? 休みを取れるかが定かでなかった為、立派な大人なんだし少しの間くらい自分の面倒はみれるだろうと期待せず、一人で勝手に予定を立てていたら、全行程10日間の1週間程は同行出来る事になりました。)

さて、旅の行程ですが、ポーツマスのフェリー発着場まではロンドンから車で1時間半くらいかかります。 ポーツマス近辺まで来ると、☜のような道路標識(これはネットで見つけた Isle of Wight 行き)があちこちに出ているので、それに従って行けば間違いなく着けます。

発着場に着いたら、自分達の乗るフェリー会社(この場合 Brittany Ferries)の高速道路の料金所のようなブースで車の中から出国手続きを済ませれば、イギリスから出る手続きはそれでお終いです。 が、ここで犬連れの場合気をつけなければならないのは、港には犬を散歩させる場所はないのでポーツマスに着く前にサービスエリアで犬のトイレ休憩を済ませておいた方がいいということ。 私達が犯した間違いでした。


フェリーに車を乗り入れると、サイドブレーキをかけて、アラームを解除して直ちに上のラウンジに行くように指示されます。 犬達は車中に残して行かなければなりません。


犬達を長時間車内に残しておくのが不安だったのでポーツマスから一番近い対岸のシェルブール(「シェルブールの雨傘」のシェルブールです)行きの高速フェリーを選んだため、渡航時間はたった3時間。 一眠りしたら着いたという感覚で、ケリーズも大人しく待っていてくれました。


シェルブールに着いたら、港を出る時にこれまた料金所のようなブースで車中から入国手続きを済ませます。 この時にはペットパスポートもほとんど見られず、フランス入国完了。 イギリス出国もフランス入国もあっけないほど簡単で、港から出てすぐのノルマンディーの田舎道も一見イギリスのそれとなんら変わりなく見え、本当に違う国に来たのか不思議な気持ちになりました。

続く・・・>

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:34 | category: 遠出 |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:34 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://teddylouie.jugem.jp/trackback/797
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Tumblrで写真やってます!
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Instagramもやってます
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Twitter
Search this site
Sponsored Links