Teddy's Household

最愛エアデール「テディ」(RIP) がくれた犬猫万歳生活。 テディの愛猫ズ「トビー&ゾーイ」と ケリーブルーテリアズ「ルーイ&さくら」と暮らす雑多な日々。Fukuoka → Michigan → Washington DC → New York → Tokyo → London
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# クリスマスまであと少し
早いもので2012年も最後の月になりました。 街もクリスマス一色に彩られ、年の瀬をヒシヒシと感じさせられる今日この頃です。

Regent Street

South Molton Street

Carnaby Street



我が家もクリスマスツリーを飾りました。 ツリーがあるだけで一気に家が賑やかになる気がします。 


去年買った3㌳(90㌢強)のが小さいと不評だったので、今年は5㌳(150㌢弱)にしてみました。 クリスマス後に道端に打ち捨てられているツリーの残骸を見るのが忍びなくてずっとクリスマスツリーを買っていなかったのに、一度始めるとやめられないものです。 リサイクル業者に引き取ってもらうので、罪悪感を余り感じなくなったと言うのもありますが。 

そう言えば、最近では根付きのクリスマスツリーをレンタル出来るサービスも出て来てます。(クリック☞ Christmas Tree Hire) クリスマス時期が終わると土に戻してくれるのだそうです。 毎年必ず売りに出されるものだし、一度切ってしまえばリサイクルにも限りがあるし、良い考えですね。




| comments(0) | trackbacks(0) | 20:59 | category: いろいろ |
# London 2012
オリンピックも終わり、既に夏の終わりを感じるロンドンからこんにちは。


私自身はオリンピックの競技は何一つ見に行きませんでしたが、ちらほらと覗き見たオリンピック関係の事柄を少し書き記しておこうと思います。


まずは家の前を通った聖火。


リアルタイムで聖火がどこを走っているかをネットで確認しつつ、家の近くになった頃にケリーズと一緒に外に出ると、沿道は見物人でいっぱい。 普段はクールなイギリス人も結構お祭り好きなようです。







「何があるのかな〜」のルイ

来た来た。


結局この人が誰なのかは分からず終いでしたが、後もう少し先ではデンマークのフレデリック王子が聖火ランナーだったそう。


警官の後ろにはオリンピックマスコットの一つ目小僧・・・じゃなくて、オリンピックスタジアムの鉄片から生まれたというウエンロックが。 一つ目は全てを記録するカメラだとか。


聖火ランナーの警護を終えて帰途に着く警官達。 ご苦労さまです!



次は開会式当日。 


式開幕直前に英空軍のアクロバット飛行チーム「レッドアローズ」がロンドン市内上空を駆け抜けて行きました。 


TVで見た直後にカメラを抱えてテラスに走り出ると、すぐに本物がやって来ました。 


9機の編隊が急上昇して消えて行き、赤白青のスモークがしばらく空に残っていたのが印象的でした。



後は、お散歩コースのハイドパークでトライアスロンが行われたので、その準備の様子を少しだけ垣間見た程度。


トライアスロンの水泳は人工湖サーペンタインにて。 ここは確かに一部が遊泳場として一般公開されていますが、水鳥と水藻がはびこる様子を見る限りでは取り立ててキレイとは言い難いような。 私だったら絶対泳ぎたくないなー。

橋の上に陣取ったテレビカメラ。 この日ハイドパークでは競技はなかったはずなので、予行練習でしょうか。 報道陣も忍耐勝負。

突如現れたスペインの選手に道行く人が大わらわ。 トライアスロンの選手かなと思いましたが、マウンテンバイクに乗ってるから違いますね。 練習にでも来ていたのでしょうか。


とまぁ、ケリーズと私にはこの程度のオリンピック体験でした(笑)。




| comments(0) | trackbacks(0) | 21:40 | category: いろいろ |
# 最近
今年のロンドンは冷夏。 

6月でウールのコートどころかダウン着てもいいかもと思うくらい冷たい風が吹きすさび、しかも雨が例年より多く、6月初旬の降雨量だけで通例の月の75%の降雨量を記録したとか。 日本のジメジメムシムシした梅雨のような湿度は感じませんが、毎日灰色の空を見上げては青空に憧れ晴れた途端に日光浴に出る英国人の気持ちが分かってくる今年の春/初夏です。

晴れたらケリーズといそいそビタミンD摂取に励むべし。


バラの花もいつもより1ヶ月くらい開花が遅いような気がします。





| comments(0) | trackbacks(0) | 15:35 | category: いろいろ |
# Diamond Jubilee
最近時間差攻撃の雑記帳と化しているブログですが、今回はちょっと旬の話題でも。

ロンドンではエリザベスII世の即位60周年を記念する行事 Diamond Jubilee がつつがなく行われたばかりです。 1897年のヴィクトリア女王の Diamond Jubilee 以来、史上2度目の祝祭ということで、4連休の間イギリスはずっとお祭りムード。 

公式イベントでは、王室メンバーが乗る船を先頭に1000隻もの船がテムズ川を下る Pagent やバッキンガム宮殿前でのコンサートなどがあり、非公式的には200万人がストリート・パーティを開き浮かれ騒いだそうです。 昨年のロイヤル・ウエディングの時よりも祝賀ムードはずーーーっと上だったような気がします。

 
 

街のあちこちで見られたお祝いムードを盛り上げる飾り付け



我が家もたまたま週末にディナーパーティを開いたので祝賀ムードに便乗して、ちょこっとだけ飾り付けしてみました。 

「我等が女王陛下」ではないけれど、なんとなくそんな気分にさせられた Jubilee weekend なのでした。




| comments(0) | trackbacks(0) | 09:00 | category: いろいろ |
# 冬あれこれ
2012年ももう半年も過ぎてしまいました。

つい先日までアップしていたクルーズの旅の話は2011年秋の話。

その後NYには3度行き、3月には南仏、5月にはケリーズを連れて北フランスにも行きました。 なんだか旅行づいています。

1月に訪れたNYでは久しぶりの大雪に見舞われ、

滞在先の友人別宅で雪遊びに興じたりしました。(橇に乗ってるのは友人とお嬢ちゃん。)

ロンドンでは、スイス在住の友人夫妻が遊びに来て、初めて彼等の息子ちゃんに会ったり、


何度か雪遊びをしたぐらいが真冬のハイライトだったかなぁ。


大体のところは普段通り時間があったら散歩に行くというワンパターンな生活を送っていた気がします。 それでもたまにはちょっと遠出して、いつもとは違う公園を散歩したりしましたけれどね。 その様子はまた今度。



| comments(0) | trackbacks(0) | 16:17 | category: いろいろ |
# 気が付けば春
あれよあれよと言う間に時は過ぎ、最後に更新したクリスマスの時期から早4ヶ月。 


ふと気が付けば、復活祭も過ぎ去り春もたけなわ。


昨年の終わりからアドリア海と地中海沿岸を旅したり、NYに行ったり、南仏に出かけたり、イギリス国内ではコッツウォルズ近辺に出没したりと出かける事が多く、書きたいことは山程あるのですが、写真が沢山あり過ぎて、何から手を付けてよいのやら分からない状態です。 が、ぼちぼち記録も兼ねてブログに日記をアップしていこうと思うので、お付き合い下さる方々がまだいらっしゃいましたら嬉しいです。


春眠暁を覚えずと寝てる場合じゃありませんよ、トンちゃん。



| comments(0) | trackbacks(0) | 09:42 | category: いろいろ |
# ちょっと早いガイ・フォークス・ナイト
昨夜8時頃、寝室で大猫をからかいながら洗濯物を畳んでいるという、かなりマイナーで静かな夜の時間を過ごしていると、突然外で凄い爆音がしてビックリ。

11月5日(ガイ・フォークス・ナイト)に3日も早いのに、裏のテニスクラブが花火を打ち上げていたんです。


しかもかなり大がかり。 





篝火まで焚いて楽しそう。

テラスから一等席で花火を見れて人間的にはお得だったけれど、余りの近さに音が大き過ぎて、アニマルズ的にはちょっと迷惑。 普段雷にも驚かないさしものきゃつらもかなり面食らってました(従って一緒にテラスには出さず)。 

臆病モノのルイに至っては、音から一番離れたキッチンに立って、音のする方角を見ながら尻尾を振っていたという(笑)。 不安な対象にも尻尾を振ってみたら怖くなくなるかもよね、ルーくん。



| comments(0) | trackbacks(0) | 11:07 | category: いろいろ |
# 英国暴動
6日土曜にロンドンで始まり地方都市にまで拡大した暴動は、とりあえずロンドンでは収束を迎えたようです。 

テレビ画面上で街が次々と略奪と放火の餌食になって行く様子は、まるで映画を見ているかのようで現実味がありませんでしたが、8日夜には我が家の近くでも店舗やレストランが襲われました。


ドアガラスを破られかけた Westbourne Grove にある靴屋さん Emma Hope。 店舗用のガラスって結構頑丈に出来てるんだなぁ〜と感心したりして。



富裕層の独身者達が集うことで有名(=いわゆる "meat market")なこのパブでは、まだ営業中に窓ガラスに石が投げつけられたとか。

このパブの道沿いにあるミシェラン2つ星レストラン The Ledbury がこの近辺では一番被害を被り、ドアガラスを破って押し入った暴徒数名が食事中の客から貴重品を強奪したんだそう。 

キッチンスタッフはフライパンや麺棒で、シェフは包丁で応戦し、最終的に30名ほどいた客は地下のワインセラーに誘導され嵐が過ぎるのをシャンペンやウィスキーを片手に待ったとか。(Telegraph に掲載された記事はコチラ。)

The Ledbury のサービスには定評があるけれど、緊急事態でもなんというサービス精神! 翌日お昼頃に通りかかった時には既にまるで何事もなかったかのように(ドアも既に修繕されていた)ランチサービスを提供していたし、感心します。


Westbourne Grove にあるカフェレストラン202で犬の散歩がてらランチ。 

普段お昼時にはもっと賑わっているレストランなのに、この日は騒動があった翌日ということからか、そうでもありませんでした。


火曜日の夕方には来る4日目の晩に向けて、早終いの店も目立ち、窓ガラスを保護する姿も見られ、


普段置きっ放しになっているコンピューターやフラットスクリーンTVは勿論、取り扱っている不動産広告まで外して万が一に備えている不動産屋もありました。 う〜む、Notting Hill Carnival の時だってこんなレベルの警戒ぶりは中々見ないのに、なんて非日常的。


・・・とかなんとか、こんな風に書いちゃうと、まるでロンドン中心街のどこもがそうかと思っちゃいそうですが、ぜ〜んぜんそんなことはありません。 ↑のような状況はほんの一部で、99%のロンドン中心部近辺は一見普通と変わりありません。 




| comments(2) | trackbacks(0) | 09:34 | category: いろいろ |
# 写真サイト:Tumblr と Instagram
またまたご無沙汰しております。 我が家は人間も含めた動物6匹、みんな元気にしています。 私自身はと言うと、写真が趣味・・・とはとても言えないレベルながら、下手の横好きが高じて、写真投稿サイトにはまっている今日この頃です。


まずは Tumblr 。  Bare Necessities of Life というタイトルでやっています。


Tumblr は写真サイトではなく総合ソーシャルメディアサイトなんですが、HDクオリティの写真が投稿出来るため、もっぱら写真投稿用として活用中。 

また、Tumblr は、興味のある対象に関連した写真に秀逸な物が多く、感心させられます。 例えば「建築 architecture」というタグで検索した結果がこれ:


素敵な写真の数々にうっとりです。


Instagramもやっています。 IDは teddydale です。



もしよかったら、どうぞひとつ御贔屓にm(._.)m



| comments(0) | trackbacks(0) | 17:14 | category: いろいろ |
# さくら
ロンドンでは灰色の冬がやっと立ち去り、春が駆け足でやって来ています。 


今日から夏時間が始まり、1日が1時間早まりました。 これから夏に向けてどんどん日が長くなります。 真夏の盛りには夜の10時過ぎまで明るいんですよ。


「あったかくて気持ちがいいねぇ、さくらちゃん」


被災地ではまだまだ寒さが厳しく、避難所にいても凍死や心不全を起こすお年寄りが増えていると聞きます。 一日も早く東北にも春の息吹が訪れますように。


****************************

Googleって、ほんと凄い会社ですね。



| comments(0) | trackbacks(0) | 21:24 | category: いろいろ |
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Tumblrで写真やってます!
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Instagramもやってます
Create your own banner at mybannermaker.com!
Copy this code to your website to display this banner!
Twitter
Search this site
Sponsored Links